子どもが欲しい
子どもが欲しい

まずは、生命線をしっかりと太く書きます。

 

そして、独身の人の場合は、生命線から薬指にかけて、幸せな結婚ができるように線を引きます。
そのあと、2年後ぐらいに子供が欲しい場合、写真のように、少し線をずらして、今度は生命線から小指の付け根にかけて、線を引きます。

 

もうすでに結婚しているのなら、やはり生命線の流年法をつかって、子供の欲しい年齢のところから、小指に向かって線を引きます。