ぼけたくない
ボケたくない

「えっと、ほら、あれ、あれだよあれ」

 

固有名詞が思い出せない・・・、年を重ねれば重ねるほど、痛感してきますが、人体の機能というのは、使わないと衰えるようになっているのです。

 

そこで、頭がいつも冴えている状態でいられるように、まず、生命線を二重にします。

 

そして、知能線もしっかり書いて、先端を分岐させます。

 

自分に書くのもいいですが、おじいちゃんやおばあちゃんと同居している場合や、介護などに携わっている人など、話しかけながら線を書き込んであげると効果がかなりあります。

 

線が少しでも太くなってきたり、でてきたりしたら、頭の働きは確実に活発になってきています。

 

必ず、本人にも意識させてください。